FC2ブログ

ボロを着てても心は錦

身の回りで起こった出来事や、それについて思ったことを色々と書き連ねてみましょうかね。酔狂な方はコメント等残していただけると嬉しいです。多少ネタバレ含むかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

産ませないか、産ませて殺すか。

ってところで散々悩んだんだとは思う。んで、どっちも命が消えるってことでは同じだって、なんかの拍子に判断してしまったんだと思う。行いそのものは決して評価されるべきことではないけれど、その一点のみは考慮に入れておかなければならないのかも知れない。

例の、坂東眞砂子とかいう人の「子猫殺し」なるエッセイについてのことである。
もう既にかなりのところで言い尽くされている感はあるが、俺は俺なりに感じたことを書いていこう。

取り敢えず、長くなるけど全文のコピーを。




プロムナード(日経新聞18日) 子猫殺し———坂東眞砂子
こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。
世の動物愛護家には、鬼畜のように罵倒されるだろう。
動物愛護管理法に反するといわれるかもしれない。
そんなこと承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している。
家の隣の崖の下がちょうど空地になっているので、生れ落ちるや、
そこに放り投げるのである。
タヒチ島の私の住んでいるあたりは、人家はまばらだ。
草ぼうぼうの空地や山林が広がり、そこでは野良猫、野良犬、
野鼠などの死骸がころころしている。
子猫の死骸が増えたとて、人間の生活環境に被害は及ぼさない。
自然に還るだけだ。
子猫殺しを犯すに至ったのは、いろいろと考えた結果だ。
私は猫を三匹飼っている。
みんな雌だ。
雄もいたが、家に居つかず、近所を徘徊して、やがていなくなった。
残る三匹は、どれも赤ん坊の頃から育ててきた。
当然、成長すると、盛りがついて、子を産む。
タヒチでは野良猫はわんさかいる。
これは犬も同様だが、血統書付きの犬猫ででもないと、
もらってくれるところなんかない。
避妊手術を、まず考えた。
しかし、どうも決心がつかない。
獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、
子供を産むことではないか。
その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。
猫は幸せさ、うちの猫には愛情をもって接している。
猫もそれに応えてくれる、という人もいるだろう。
だが私は、猫が飼い主に甘える根元には、
餌をもらえるからということがあると思う。
生きるための手段だ。
もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、
子を産みたいというだろう。
飼い猫に避妊手術を施すことは、飼い主の責任だといわれている。
しかし、それは飼い主の都合でもある。
子猫が野良猫となると、人間の生活環境を害する。
だから社会的責任として、育てられない子猫は、最初から生まないように手術する。
私は、これに異を唱えるものではない。
ただ、この問題に関しては、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ。
子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。
避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。
そして、この差の間には、親猫にとっての「生」の経験の有無、
子猫にとっては、殺されるという悲劇が横たわっている。
どっちがいいとか、悪いとか、いえるものではない。
愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。
獣にとっての「生」とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ。
生き延びるために喰うとか、被害を及ぼされるから
殺すといった生死に関わることでない限り、
人が他の生き物の「生」にちょっかいを出すのは間違っている。
人は神ではない。
他の生き物の「生」に関して、正しいことなぞできるはずはない。
どこかで矛盾や不合理が生じてくる。
人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。
生まれた子を殺す権利もない。
それでも、愛玩のために生き物を飼いたいならば、
飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない。
私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、
社会に対する責任として子殺しを選択した。
もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。



※引用終わり。

しかし…何故この人は、こんな考え方をするに至ったんだろう?
いや、手段とかのことを言っているわけでなく。この短い文章中にすら、数え切れないほどの矛盾がある上、結局のところこの人が何を言いたかったのかが明記されていない。
これでは、読み手をただ不快にさせる内容をぶちまけただけと言っても文句は言えないような文章に堕してしまっている気がする。

まず、第一の矛盾。
「動物の『生』は、人間の都合で勝手にして良いものではない」「と言った矢先に子猫の「生」を奪うという「勝手」を行っていること。
これは恐らく…親猫に避妊手術を加えるか、子猫を崖に落とすか、どっちにしろ「生」を奪うことになるなら、まだ愛着のない子猫の「生」を奪う方がマシ、と判断したのだと思う。
「社会に対する責任」を取るというのは、子猫を殺すことではなく、余計な野良猫を増やさないこと、すなわち避妊手術のことを指すのだから、それが義務化しているのなら、それこそが「人間の都合」だろう。

彼女には、「人間の」でなく、「自分の(あるいは、自分の飼い猫の)」都合を取った、と素直に書いて欲しかったところだ。産ませるなと決めた「人間の都合」に逆らって、産ませてから敢えて自分も殺しの痛み、悲しみを味わっておいて、それを人間全体のせいにしてもらいたくはない。

第二は、文章中の表現のことになるのだが、
「子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。
避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。」
この部分。

「子種を『殺す』か」明らかに、避妊手術も「殺しという厭なことに手を染め」ていることを認識している発言。
直接手を下すことはないにしても、命を絶っているという現実には全く違いないということを認識しておきながら、なぜ避妊手術のみが苦しみから逃避しているような書き方をするのだろうか。
ここは純粋に、理解に苦しむ。

大きく言って感じたのはこの二つなんだが、他にも色々と俺には理解に苦しむ表現が多々ある。そして、一番分からないのは、この文章の結論である。
上にも書いたが、この文章を読み終わっても、作者がだからどういうことが言いたかったのか、ということが全く伝わってこない。
愛護団体などに罵倒されることは承知の上だ「が、」と逆接している以上、愛護団体はこう思うかも知れないが、これだって一つの方法だ、と自己を正当化しているようにも見えるし、
逆に子猫殺しを懺悔しているかのようにも取れなくはない(ずいぶんと好意的な解釈ではあるが)。
さらに、もっと強引に、出版社が主張しているように、ただ単にタヒチでの生活の一部として紹介しただけなのかも知れない。

とまぁ、色々な受け取り方はあるだろうが、これだけの物議を醸し出しておいて、
書き手の意図が公表されていないというところは、俺にはあまり認められない。
新聞社側も、「筆者の自主性を尊重している」というなら、それこそその「自主性」がどういうものから発せられていたのかを明らかにする責任があろう。
ここは、「筆者に聞いてください。ウチはただ載せただけです」といった逃げ口上と取られても無理からぬことだ。

俺も最初にこのニュースを見た時には「ひどいことをする奴もいたもんだ!さぁ、どうやって書いてやろうか」と思ったものだが、筆者の意図が明らかでない以上、俺の憤りもまるで的外れなのかもしれないのだ。
そう思った時、そこにはやり場のない怒りが残っただけであった。

俺の怒りはともかくとして、このままではこの文章を掲載したという事件は、読者を不快にさせるような文章を載せておいて何も主張することのない駄文、ひいてはそんな物を平然と書いて公式に発表する低レベルな作家、およびそれを躊躇せず、これまた無目的に掲載する低レベルな新聞が、ただ単に多くの読者を怒らせ、大バッシングを受けたというだけの、これまた低レベルな事件として終了してしまう。

この文章に何か意図があるのなら、筆者と新聞社は責任を持ってそれを公表し、その上で理解出来なかった者、反対意見を唱える者と戦っていかなければならないと思う。このままじゃ、どういう結末になるにせよ、心が荒むだけのつまらない事件だ。
スポンサーサイト

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

なげー…。
俺の文章はいつもダラダラ長いから良くないんだけど、
今回は引用があるからもう長すぎる…。
本当は、URLかなんかくっつけて参照して欲しかったんだけど、
うまく本文だけ載せてるところが見つからなかったもんで…。
本当に長ったらしくて申し訳ないんですが、我慢出来る方は読んでみていただけると嬉しいです。

全文引用と本文の区別をもうちょっとわかりやすくすればもう少し読みやすくなるんではないかと。いまのままだとどこからが本文かわかりません。

物議をかもすだけで何が主張したいのやらさっぱりわからんという趣旨には同意。
いまのままだと、なんだかんだでやっぱり子猫を殺すのは苦しいから、公表して誰かに同意してもらって罪悪感を薄めたいだけなんじゃないのか? それってはた迷惑な自己満足とちゃいますか? というふうに感じてしまうわけですが。いいのか? それでいいのか坂東眞砂子?

  • 2006/08/25(金) 20:57:49 |
  • URL |
  • 敷居 #tIzNQ2cE
  • [編集]

敷居さん>
ご指摘ありがとうございます。
ちょっといじくってみましたが、どうでしょう?

罪悪感を薄めたいんじゃないかってところは確かに感じさせますね。
もっと穿った見方だと、
「私は避妊手術を施す残酷な飼い主と違って、
責任感をもって、苦しみながら子猫を殺してるのよ!」
という、ちょっと理解しがたい自己主張と取られてしまっても不思議じゃないです。

これも、書きっぱなし、載せっぱなしであとは知らん顔、という無責任さが産んだ事態のような気がするんですがねぇ…。

一気に見やすくなりました。
ちゃんと読めば元のままでも誤解なんかするわけないですけどね。すいません、気になるとつい文句言っちゃう性格でして。

「子猫を殺すのも避妊手術を受けさせるのもどっちも人間のエゴである」ってのは確かに間違いないのですが、人間には感情ってものがあるわけで、生理的嫌悪感を持った人が「そんなエグい話に同意できるわけないじゃん」っていうのもまた当たり前なわけで。
これ、もし出版社側や坂東眞砂子が責任もって議論を進めたとして、結論なんか出るのかなあ?

  • 2006/08/25(金) 22:29:32 |
  • URL |
  • 敷居 #mQop/nM.
  • [編集]

いえいえ、ただでさえ読みにくい文なんだから、
少しでも見やすくしていただけるような意見はありがたいですよ。

うーん…。
結局のところ、坂東氏が謝罪するか、それともさらに反論を打ち立ててテコでも自説を押し通すか、
どっちかになりそうですがね(個人的予想では後者の確率の方が高そうですが)。

しかしとにかく、発表しといて丸投げっていう態度だけはやめて欲しいなと思います。
それをやると説の良し悪し以前に、文章を多数の人間の目に触れさせる立場としての責任感は全くない、ということだけは立証されてしまいますからね。

結論の出ない泥沼化した議論になるとしても、それは発表する時から覚悟しておかなければならんところで、そこまではきっちりやって欲しいと思ってます。

初めてお邪魔して書き込むのもどうかと思ったのですが、失礼と思いつつどうぞお許し下さい。
私も同意見でございます。最初は、ただ怒りと気分の悪さを感じたものですが、冷静になって読めば読むほど、坂東氏がいったい何を言いたいのか。そもそも何を思ってこの文を書き、発表したのかがサッパリ分からず、また違った意味で気分が悪いと感じていたのです。
やはりいろんな意味で矛盾が多いかと。
今となっては、彼女が世に発表する文としてこんなつまらない文を書いたのは、単なる締め切りに迫られてそれほどよくも考えずに発表してしまったかのように思えてなりません。
新聞社も同様に、よく考えた結果だとは思えない。これが一端の良い大人が考えに考えて行った行為だとしたら、なんだかかえって可哀想な気がします。
一応、世の中の成功者と思われる彼等が私なんぞに可哀想に思われても、痛くも痒くもないと思いますが、彼等が文を世に出すことを生業にしている以上、中途半端な形で終わる事のないよう期待したいと思います。

  • 2006/08/29(火) 11:08:58 |
  • URL |
  • ちぃ #t7d8C/UQ
  • [編集]

ちぃさん>
全然失礼じゃないですよ。
むしろ、コメントいただいてありがとうございます。

締め切りに追われて…ですか。
そこは考えていませんでしたが、確かにあってもおかしくなさそうですね。
よく考えずに出した物であるとすれば、
流石にもう少し無難な文を出すべきだったと思いますが、
おっしゃる通り、考えた上で出した物よりはまだマシなのかも知れません。
…まぁその場合も、「考えなしに文章を発表する」という行為そのものが、
日本を代表する新聞社と、直木賞を受賞するまでに至った作家のやることとしては
充分非難に値するものってことになるんですが。
しかしもし本当にそういう事情であったとすれば、
なおさらこのまま風化させて欲しくはないですね。
まだ結論を出せる時期ではないのですが、
このニュースについて音沙汰がなくなっている現状に多少の不安を感じております。

お返事ありがとうございました。
お許しいただいて良かったです。

しかし、今回の件については、ホントあらゆる面に渡って腑に落ちない事ばかりです。
今後、彼等がどうこの件についてどう答えを出すか(出さないかもしれないけど)分かりませんが、私は多分普通の感覚を持つ一人の人間として、無益な殺生は行われない事を心から祈るばかりです。

  • 2006/08/30(水) 12:51:44 |
  • URL |
  • ちぃ #t7d8C/UQ
  • [編集]

いや、そう堅くならずにw
通りすがりの人様にコメントいただけるような名文は滅多に書けないもんで、
なにか感じたことをコメントしていただけるとこちらも嬉しいんですよ実はw

腑に落ちない…まさにその一言ですよね。
巷では、わざとそんな文章を載せることで話題作りをした…
なんて風説も流れてるくらいなんですからイヤになります。

坂東氏は文脈からして、避妊も子猫殺しも同じ「無益な殺生」としているようですので、
今後その手が緩められるかは分かりませんが、
少なくとも、ある種自慢気に他人に公表すべき行為ではない、というところは感じてくれたのではないでしょうか。
彼女の主張も聞いた上で、なおかつ子猫が可哀想だと感じる我々にとっては、
それが坂東氏の考えるきっかけになってくれることを期待したいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://granikki.blog38.fc2.com/tb.php/195-12452444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

坂東眞砂子氏コラム「子猫殺し」関連のまとめ

 当ブログ記事は2006/08/18に日本経済新聞夕刊に掲載された坂東眞砂子氏コラム「子猫殺し」についての情報を集めるための記事(まとめ記事)である。 問題となった文章の全文紹介、このことについて書かれたブログの紹介、騒動の経過、ニュース、関連リンク集などからなる

  • 2006/08/25(金) 02:27:09 |
  • ハマる生活
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

GRA

Author:GRA
どこにでもいるゲーム・漫画好き。

何か気持ちを熱くさせる物を求めつつ、
日々のんべんだらりと暮らしてます。
最近は餓狼MOW重視。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。